新規事業倶楽部 ~あなたが取り組める新規事業が見つかる!~新しい事業にチャレンジしたい経営者を応援します

ホーム 新規事業倶楽部とは 注目!お薦めビジネス 成長企業に学ぶ ブログ
フランチャイズ加盟やM&Aなどで成長を遂げている企業の経営トップに聞く!
英語と教育への情熱

菰口氏は、元々、大手レコード会社に勤めていたが、2009年に退職し、自らレコード会社を起業した。その後、CDの売上が減少するなど、音楽業界が厳しさを増す中で、新たな有望なビジネスを探した結果、教育ビジネスに行き着いたという。教育を志したきっかけは、菰口氏の親族が教育関連の仕事に就いている「教育家系」だったという背景もあった。


個別学習塾はECCベストワン以外にも多数のブランドがあるが、迷わずECCを選んだという。その理由は、レコード会社勤務時代に洋楽を担当していたことから、日常的に英語を使っていたこと、また新しい事業に取り組む時に「自分の英語力を活かせたら……」という思いがあり、英語教育のパイオニアであるECCに加盟することにしたという。


校舎は小田急祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩1分の場所にある。世田谷区は教育熱心な世帯が多い地域である。


東日本大震災直後の苦難からのスタート


魅力的な立地でスタートした祖師ヶ谷大蔵校だが、2011年2月に開校した直後に東日本大震災が発生した。震災発生時の生徒数はわずか3人。本来であれば、ここから様々な広告宣伝活動を行い生徒を増やしていく。しかし、震災発生後しばらくの間は自粛ムードが続き、広告すらほとんどできない状態だった。かろうじて出した広告も効果はゼロに近かったという。


スタート時の校舎運営は厳しかったが、最初の3人の生徒たちに熱意を持って教えることができたという。結果として、その成果が生徒たちの成績に現れ、当校の評判が口コミとして地域に広がっていった。


この開校当時の「一人ひとりに対して丁寧に教える」ことは、祖師ヶ谷大蔵校の教育に対する取り組み姿勢として、今日まで受け継がれている。そのため、生徒や保護者の反応は大変良く、現在ではクチコミだけで生徒数が確実に増加しているという。


英語教育のパイオニアであるECCブランド


ECCというブランドは、「英語に強い」というイメージが一般に広く持たれているため、当塾に通わせる保護者の中には、英語教育に期待を持つ人たちも多い。そのため、祖師ヶ谷大蔵校では英検の受験指導にも力を入れている。英検受験指導の成果は、例えば、中学生の生徒が英検2級や準2級に合格しているという実績からも窺える。


菰口氏は「有名大学の合格実績はもちろん、英検受験にも強い、という当塾のコンセプトは、高校や大学推薦受験にも有利であることから、地域の人たちからの評判も良いんです」と語る。前述の通り、祖師ヶ谷大蔵校は広告宣伝にはほとんど費用をかけていない。現在、在籍している多くの生徒はクチコミの影響で入塾しているという。2016年11月現在、生徒数は62名に達している。


菰口氏のECC本部に対する評価だが、「真面目で加盟店に対するきめ細かな気配りができるところが信頼できるビジネスパートナー」と評価している。「教育ビジネスに対する考え方が、自分自身の考え方と相通ずるものがあったこともECCを選んだ理由です」と語る。


菰口氏は、自身の教育ビジネスに対する信念として、最後に次のように語られた。


「時代の変化があっても教育の価値は無くなりません。地域の方たちの信頼を着実に得ながら、永く継続していくことを心がけて、この事業に取り組みたいですね」。



【加盟店様インタビュー】
『ECCの個別指導塾ベストワン』祖師ヶ谷大蔵校
所在地:東京都世田谷区祖師谷3-1-23
開校:2011年2月
代表者:菰口賢一 氏
URL http://www.ecc-kobetsu.com/school/school.php?sd=9571



個別指導×少人数授業“四輝(よつき)学院” 個別説明会

個別指導×少人数授業“四輝(よつき)学院” 個別説明会

新規事業の情報や業界ニュースなど、新規事業を探す上でお役立ていただける最新情報をお伝えいたします。

登録

個別指導×少人数制授業 圧倒的な顧客満足度を誇る教育ビジネス 四輝学院

WizBiz