新規事業倶楽部 ~あなたが取り組める新規事業が見つかる!~新しい事業にチャレンジしたい経営者を応援します

ホーム 新規事業倶楽部とは 注目!お薦めビジネス 成長企業に学ぶ ブログ
フランチャイズ加盟やM&Aなどで成長を遂げている企業の経営トップに聞く!
ヌマニウコーポレーション 代表取締役社長 沼生 進 様

ヌマニウコーポレーションは、「HARD OFF(16店舗)」「BOOK OFF(14店舗)」「OFF House(21店舗)」「Garage OFF(1店舗)」「Hobby OFF(1店舗)」という多様なリサイクル・ビジネスを展開する群馬県のメガフランチャイジーである。1945年に小さな家電専門店として創業した会社が、ここまでに成長した軌跡を代表取締役社長の沼生進氏に聞いた。


ヌマニウコーポレーションの成り立ちとフランチャイズに加盟に至ったきっかけ


ヌマニウコーポレーション(以下ヌマニウ)の創業者は現社長の父になる。ヌマニウは1950年代、同社は家電小売店として成功し、そこから成長を続け1980年代には北関東の主要家電量販店の一角とも言われた。その後、家電量販店の競争は激化し、1990年のバブル崩壊時には、ヌマニウは資金不足で企業の存続さえ危ぶまれる状況にまでなっていたという。厳しい状況にあった1995年に、現社長である沼生進氏が経営を引き継ぐこととなった。沼生社長は、不採算店の統廃合などでスリム化を図りながら、家電小売に代わる「新たな経営の柱」となるビジネスを探し始めた。


ハードオフ、ブックオフとの出会い


その時に出会ったのが、「ハードオフ」だ。家電小売の取引先であるメーカーの社長からハードオフの話を聞き、沼生社長はすぐにハードオフ本社がある新潟に赴く。詳しい話を聞いて、ヌマニウの新規事業として取り組めるか検討したようと考えたのだ。しかし、沼生社長は、この初めての新潟訪問でハードオフへの加盟を即決したという。


驚くほど早い判断だったが、その理由を尋ねると「社会貢献を第一義とするというハードオフ山本社長の理念に共感した」のだという。さらに、ハードオフ山本社長の薦めもあり、兄弟チェーンであった「ブックオフ」へも加盟し、複合型リサイクル・ショップの事業がスタートした。


沼生社長が就任したのが1995年1月であり、ハードオフ、ブックオフの店舗オープンは同年9月である。極めてスピーディな展開であったことが分かるだろう。


トップフランチャイジーへの道

ハードオフ、ブックオフの加盟後、既存の家電小売店舗を順次ハードオフ、ブックオフの店舗に切り替えていった。幸い、従来営業してきた既存店舗の広さは、ハードオフ、ブックオフに最適なサイズであった。切り替えられた店舗はオープン初日から客の入りが良く、売上も順調だった。社員も活き活きと働き、店に活気が戻ったという。家電専門店舗からハードオフ、ブックオフへの切り替えはその後も続けられ、1999年には全ての店舗の切り替えが完了した。現在、ヌマニウが運営する店舗の坪当たり売上高は、ハードオフ、ブックオフの加盟店の中でトップクラスであるという。


沼生社長の想い


会社を再生させた沼生社長はこう語る。「会社は人で決まる。そして、マネジメントには、リーダーシップ(人間力)と素養(知識・見識)が大切だ」。人望があり、かつ自分で物事を考えることのできる人物であってはじめて、激しい経営環境の変化に適切に対応することができる。社員には、そのような人材に育って欲しいという。


ヌマニウコーポレーションは、この社長の考えの下、人材教育には特に力を入れている。社内に人材育成部という専門の部署を設置して、独自の人材教育カリキュラムを作り、かつ、信頼できる外部機関による研修も取り入れながら、経営幹部の育成をしている。人材教育の内容は、決算書の読み方から、「人としての道」までを教えるものまで多岐にわたり、奥が深い。また日々の研鑽として、沼生社長自ら選定した課題図書を社員に提示して、読書を推奨している。


今後の夢


最後に、沼生社長に夢を聞いたところ、「社員にやりがいを持って楽しく働いてもらえること」「待遇の良さ」「社会貢献」という3つの答えが返ってきた。例えば、ヌマニウの社内では15ものクラブ活動も行われている。休日に、ゴルフや陶芸など様々なインドア・アウトドア・スポーツや文化活動が行われ、その場を通して、社員同士のコミュニケーションが活発に行われている。


沼生社長の座右の銘は、「退路を断って正面突破」であるという。「勇気を持って挑戦し、変革することにより、社会とお客様と社員と会社に真の利益をもたらそう」という意味だ。


ヌマニウコーポレーションは、今年で創業70周年を迎えた。今後も様々なビジネスを通じて社会貢献を実現するため、どこまでも挑戦を続けていくだろう。



インタビューに関する質問

取材希望

新規事業の情報や業界ニュースなど、新規事業を探す上でお役立ていただける最新情報をお伝えいたします。

登録

個別指導×少人数制授業 圧倒的な顧客満足度を誇る教育ビジネス 四輝学院

WizBiz